ことわざ

ことわざ「二度あることは三度ある」と「三度目の正直」の矛盾と違い

先人たちが、過去の出来事や教訓、戒めをわかりやすく残した「ことわざ」。
日常生活においても、一つの共通言語として会話の中で使用されています。
とはいえこのことわざ、中には矛盾しているように感じられるものがちらほら。
【二度あることは三度ある】
【三度目の正直】
これらのことわざも、一見すると矛盾しているように感じられます。

それじゃあ結局三度目はどうなるんだ!ということで、この2つのことわざを考察してみましょう。

二度あることは三度あるとは


「二度あることは三度ある」とは文字通り、
「二度起こったことがらは、もう一回(三度)繰り返す傾向にある」という意味です。
故事や有名人、歴史に由来することも多いことわざですが、
このことわざは明確な由来はなく、人々の生活の中で自然発生的に生まれたことわざとされています。
一方で起源は古く、1779年にはすでに、日本古来の語り物の1つ「浄瑠璃」にて同様の一節が歌われています。
【出典:コトバンク 詳細

単に傾向を述べるというよりは、失敗は繰り返してはならない、という戒めの意味を含んでおり、
「一度あることは二度ある」といわれることもしばしば。
現代にいたるまで忠告の言葉として、幅広く引用されています。

三度目の正直とは


「三度目の正直」は、「一度目、二度目はだめでも三度目は期待通りになる」といった意味があります。
期待や可能性を示唆する形で、「三度目」の前に使われることもあれば、
「三度目」に成功したことを後から振り返る形で用いられることも。
同意語として、「三度目は定の目」といったことわざも存在しています。

負けや失敗が続いた後の励ましとして使われるイメージが多いこのことわざですが、
逆に「三度うまくいかなければ諦めるべき」のようにとらえることもできます。
また、「三度同じ結果が続けば、運ではなく実力」といったニュアンスも含まれています。

果たして矛盾しているのか

これら2つのことわざは、果たして矛盾しているのでしょうか。
三度目が、一度目、二度目と同じ結果になるのか、はたまた違う結果になるのか。
確かに「三度目」に焦点を当てると、これらのことわざは矛盾しているということもできます。

どっちが正しいのか?

矛盾しているのであれば、いったいどちらが正しいのでしょうか。
様々な統計を取れば、傾向として「どちらが多い」といったデータは出るかもしれませんが、
ある1つの出来事に限れば、確実なことは言えないのが事実です。

それでは矛盾が考えられるこれらのことわざは、参考にする価値のないものなのでしょうか。

意味や意図の違いを考える

重要な点として、これらのことわざは「三度目」の成功、失敗を予想するものではありません。
ですから、矛盾しているかどうかは、本質的にはあまり関係がないのです。
背景にある、「失敗を繰り返すな」という忠告や、「次こそうまくいく、期待通りの結果が出る」という励ましこそが
本当に伝えたい意味=昔の人たちが意図した内容だと考えるべきでしょう。

また正しさよりも、自分がその状況に応じて「どちらを信じるか」ということも重要です。
アンケートによると、一般的には「二度あることは三度ある」のほうが信じられているようで、
どちらかといえば「また失敗してしまうかもしれない」とネガティブに考える人が多いようです。

そんな人でも、なかなか勝てなかった相手へのリベンジ、といった局面では
「三度目の正直」と自信を持つことで、より良いパフォーマンスが発揮できることは間違いありません。
矛盾や、どちらが正しいといったことは気にせず、
都合のいい時に都合のいい方を信じるくらいの心持ちで良いのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ことわざはそれ自体の意味はもちろんですが、そのことわざを通して何が伝えたいのか?が重要。
それらを意識して読み解くことで、より視野を広げることができます。

あなたは最近、失敗してしまったことはありますか?
そんな時は、「二度あることは三度ある」です。三度目を起こさぬよう、ぜひ注意してください。
あなたは最近、何度もチャレンジしていることはありますか?
そんな時は、「三度目の正直」です。きっと次は成功できるはずです。

三度目の結果は神のみぞ知る。ですが、信じればきっと良い方向に進むはずです。