雑感

なぜ東京臨海高速鉄道りんかい線の英語アナウンスは長いのか。

仕事柄、都内を電車で移動することが多く、様々な路線に乗る機会があります。

JR、地下鉄はもとより、時にはりんかい線やゆりかもめに乗ることも。

そんな中、JRの大崎駅、あるいは大井町駅を通過する際にいつも気になることがあります。

「トウキョウ・リンカイ・コウソク・テツドウ・リンカイ・ラーイン」の乗り換え案内のアナウンス。

いや、長いよ。あとなんでラインだけ英語で後はそのままなんだよ。

同じような印象を持っている方も多いと思います。今回はその理由について調べてみました。

東京臨海高速鉄道りんかい線とは?


りんかい線は、1996年に大崎駅~新木場駅を結ぶ路線として開業しました。

その名の通り海を臨み運航する路線で、「東京テレポート」や「天王洲アイル」といった特徴的な駅名が多いことから

都民だけでなく全国的な知名度も高いのではないでしょうか。

運営会社は東京臨海高速鉄道株式会社で、東京都も出資するいわゆる第3セクターです。

英語名は”Tokyo Waterfront area Rapid transit Inc”で、名前の通りですね。

現在ではJR埼京線との直通運転を行っていることから、一都三県を幅広く結ぶ路線として活躍しています。

なぜ会社名までアナウンスするの?

まず第1の疑問は、なぜ「東京臨海高速鉄道」の会社名までアナウンスするのか?という点です。

勿論、JR線と他社線の区別をするために略称を付けるのは納得できます。

しかし、東急東横線のアナウンスが「トウキュウトウヨコライン」であるように、正式名称まですべて読み上げるのは珍しいでしょう。

これはなぜでしょうか。

JRに聞いてみた

実際にアナウンスをしているJRに確認してみました。

こども職員には荷が重い質問だったようです。JRに迷惑をかけるわけにはいきませんので、自分で調べましょう。

長いアナウンスの原因は「ゆりかもめ」の存在

どうやら、同じく臨海エリアを運行する「ゆりかもめ」の存在が原因となっているようです。

実はゆりかもめの正式名称は「東京臨海新交通臨海線」なのですが、運営会社である株式会社ゆりかもめの名前にちなんで

開業当初からもっぱら「ゆりかもめ」と呼ばれています。

とはいえ、どちらも名前に「りんかい線」と付き、さらに大崎・大井町と同じ路線が通る新橋駅の乗り換えになることから

この2つの混同を避けるために、会社名を読んでるという説が有力のようです。

「ゆりかもめ」を「臨海線」して認識している人はかなり少ないとは思いますが、観光客が多いことを考えての対応でしょうか。

なぜ英語名ではなくカタカナ読みなのか

会社名をアナウンスする理由は、何とか納得ができました。

しかしそれならばなぜ英語名ではなく、日本語読みで「東京臨海高速鉄道りんかいライン」のアナウンスなのでしょうか。

こちらに関しては、めぼしい情報がなかったため、理由を考えてみました。

路線名であることをわかりやすくするため説

仮に英語名がアナウンスされた場合は、「Tokyo Waterfront area Rapid transit rinkai line」ですが、

例えば「Tokyo Waterfront area」以降を聞き逃してしまった場合、「路線名」の案内であることを判断できません。

一方で、「トウキョウリンカイ」とアナウンスしていれば、少なくとも日本の固有名詞であることが判断できるため、

なんらか旅程に関する情報がアナウンスされたのでは?と推測ができます。

また、大崎・大井町両駅共に実際のアナウンスの際は山手線や京浜東北線といった路線名の後にコールされます。

そのため、同じく日本語読みすることにより、路線名の案内であるという一貫性を持たせているのでは?と予想しています。

まとめ

いかがでしたか?長ったらしいアナウンスの裏に隠れたJRの心遣いが見えたのではないでしょうか。

日本人からすると、あのアナウンスにはどうしても違和感を感じてしまいます。

しかしながら、少しでも観光客の利便性を上げるために様々な取り組みがなされている昨今、

あのアナウンスも、その取り組みの一環なのかもしれませんね。