ボドゲ/TRPG

インサイダーゲームのお題の決め方は?4つのポイントとお題の具体例

皆さんはインサイダーゲームをプレイする際、どのようにお題を決めていますか?

公式セットを用いると、多くのお題がすでに用意されていますが、満足いかなくなり、独自のお題を使用したい「つわもの」もいることでしょう。

今回は、ゲームマスターがインサイダーゲームのお題を自作する場合に抑えるべきポイントを、具体例を交えて紹介しましょう。

とにかくお題だけ教えろ!という方は以下もご覧ください。

あわせて読みたい
今日から使える!インサイダーゲームのお題例一覧~50個あるよ~インサイダーゲームで今すぐ使えるお題例や一覧が見たい!そんなあなたに、今日から使えるお題50選をお送りします。そのまま使うもよし、着想を得て新しいお題を使うもよし。インサイダーゲームの上達には見ないと損ですよ!...

お題を決める際の4つのポイント

①参加者全員が知っている言葉にする

お題当てゲームとしての側面がある以上、参加者全員がその言葉を知っている必要があります。
そうでなければ、いくら質問しても答えを出すことができませんからね。

特に難しいお題にする場合に陥りがちですが、知名度が低い、あるいは回答に高い知識が必要な言葉はお題として適しません。

×悪い例
ブルジュ・ハリファ(世界一高いビルだが知名度が微妙)
フロッピーディスク(古いもののため若年層が知らない可能性)
長宗我部元親(戦国武将だがマイナー)

〇よい例
東京スカイツリー
CDやDVD
徳川家康

②自分が質問に答えられる言葉にする

ゲームマスターが質問に答えることでゲームが進行します。
したがって、言葉として知っていても、質問に答えられないものをお題とするのは控えるべきでしょう。

誤った回答をしてしまった場合、参加者は信じるほかありませんし、内通者が訂正を促すこともできないため、最悪の場合それが理由で回答が出ないこともありえます。

×悪い例
AI/人工知能
iPS細胞
カピバラ
等、言葉は有名だが質問への的確な回答に知識が必要なもの
(質問に答えられる自信がある場合は問題ありません)

③初心者が多い場合「実体や質量のないもの」は控える

インサイダーゲームは、理論的にはどのような言葉でもお題にすることが可能です。
体験した限りでは、「ウかんむり(漢字の部首の1つ)」をお題にしていた例もあります。

しかしながら、参加者に初心者が多い場合、「実体や質量のないお題」は避けたほうが無難でしょう。

例えば、「ハイタッチ」のような行動や、「関西弁」のような言語概念、「虹」のような天候、環境、現象にあたるものが挙げられます。

なぜならばこれらは、質問で答えを絞り込むことが難しくなりがちだからです。

実体のあるものであれば、色、形や素材、用途や価格など、ある程度質問すべき観点が定まっており、不慣れな方でも質問は難しくありません。

しかしながら実体のないものは、質問の角度が見えづらく、また主観的な質問が多くなってしまう傾向があるため、全体的に難易度が高くなります。

またあまりにも的外れな質問が続くと、内通者が的確な質問をした際にどうしても不自然さが出てしまうため、誘導が困難になります。

④あまりにも一般的なものは避ける

あまりにも一般的で、簡単な言葉をお題にしてしまうのも考え物です。
内通者無しでも容易に正当できてしまい、結果として内通者探しが困難になるため、ゲームとしての面白さが半減してしまいます。

「知名度はあるものの、パッとは浮かばない」ような絶妙なお題をチョイスする必要があります。

×悪い例
りんご
にんじん
鉛筆

〇良い例
アップルパイ
ワサビ
万年筆

インサイダーゲームのお題は超重要!

お題を決める際のポイントは理解いただけましたか?

インサイダーゲームのお題は、ゲームの難易度や面白さを左右する最も重要な要素で、簡単なようで非常に難しいものです。

お題決めに失敗してしまうと、面白さが半減してしまうため、ゲームマスターは責任重大です。そのため、慣れるまでは、公式パックを利用するのもよいでしょう。

しかしながら、良いお題を作れるゲームマスターの下では、お題当てと内通者探しの両方がより白熱すること間違いなし!

プレイヤーのみならず、ゲームマスターとして上級者を目指してみるのも悪くありませんよ♪