インサイダーゲームの無料アプリ・ツールを紹介!オンライン対戦も可

2020年3月15日

インサイダーゲームが好きな人の中には、「アプリで手軽に遊べたらいいのに!」と思う人もいるでしょう。

実際、人狼ゲームやワードウルフといった近しいゲームでは数多くのアプリがあり、より簡単にメンバーを集い、ゲームをプレイすることができます。

それでは、インサイダーゲームの場合はいかがでしょうか。今回はインサイダーゲームをアプリやブラウザで楽しむ方法や、オンラインで日本中の人々とプレイする方法について紹介いたします。

インサイダーゲーム用のアプリは少ない

インサイダーゲーム用のアプリは非常に数が少ないのが実情です。知名度やプレイ人口が十分でないことが原因でしょうか。

2021年8月現在では、様々な類似アプリやブラウザツールが誕生していますが、それでもインサイダーゲームといえばこのアプリ!といったものは存在していないように思います。

そのため、人狼ゲームやワードウルフのアプリのシステムを流用してインサイダーゲームを行うほかありません。

それでも片手で数える程度の数しかないのですが、今回はそれらを紹介しましょう。

オンラインでプレイできるアプリ

人狼村(iPhone)

かいとーの知る限り、唯一オンラインでのインサイダーゲームが定期的に開催されているアプリです。
本来は人狼ゲームとワードウルフ双方がプレイできるアプリですが、ワードウルフの機能を使うことでインサイダーゲームを行っています。

実は私もこのアプリ上で数年前まで、インサイダーゲームのプレイヤー、そしてGMとして毎日オンライン対戦を行なっていました。

アプリ自体は数年前から存在し、当時はインサイダーゲームが2,3同時に開催されていることも多かったのですが、現在は人口が減少し、1日数回程度の開催になっています。

しかしながら、通常のチャットはもちろん、スタンプ機能やボイスチャット付きでの対戦等豊富な機能を持っています。

アバターとチャット両方の要素を併せ持ったインターフェースで、インサイダーゲーム以外にも非常に使い勝手の良いおすすめのアプリです。

実際にインサイダーゲームほか、ウミガメのスープや早押しクイズなど簡単なテーブルゲームを開催する人もちらほらいらっしゃいます。

ダウンロードはこちら↓

あるある人狼(iphone)

こちらはワードウルフ専用のアプリです。もともとは対面や、オンラインのフレンドマッチ用のアプリでしたが、2019年頃にオンラインでのフリーマッチの機能が追加されました。

前述した人狼村に比べ、あるある人狼のほうがアクティブユーザー数が多い印象です。インサイダーゲームの開催自体は少数ですが、よりメンバーは集まりやすいのではないでしょうか。

こちらもプレイ制限等はありません。インターフェースはチャットに振り切っており、プレイに集中する方におすすめな一方、交流を重視される方には少々物足りないかもしれません。

ダウンロードはこちら↓

人狼殺(iphone/android)

人狼殺は人狼ゲーム用アプリですが、こちらでもインサイダーゲームが遊ばれているようです。

人狼ゲームの機能を使うため、多少ルールを工夫する必要があるようですが、twitterより、実際にプレイしている方々の声を紹介します。

詳しくはこちら↓

友人とのインサイダーゲームに使えるアプリ

オンラインで見ず知らずの人とプレイできるツール以外にも、知人友人とプレイする際のツールとして利用できるアプリもいくつかあります。

具体的な機能としてはランダムで役職を決める機能や、タイムキープ、投票などがあり、よりスムーズにゲームを進めることができる形です。

しかしながら、人狼ゲームと違い複雑な処理が必要なゲームではないため、アプリを利用するか、あえてアナログに楽しむかはお好みでよいかと思います。

①招待秘匿ゲーム(iPhone)

役職決め、ストップウォッチと投票機能のあるアプリです。

お題はゲームマスターに選ばれた参加者が決める形式のため、ゲームマスターのセンスも問われるアプリとなっています。

ダウンロードはこちら↓

②zoomを中心としたWeb会議ツール

前述した通りインサイダーゲーム自体に複雑なやり取りは不要で、進め方次第ではタイムキープさえ行えば問題なくゲームを進行できます。

そのため、zoomのようなシンプルなWeb会議ツールでもインサイダーゲームを楽しむことが可能です。

実際にインサイダーゲームの販売元であるオインクゲームスがzoomを利用してインサイダーゲームを楽しむ方法をnoteによって公開しているため、メーカー公認のプレイ方法と言えるでしょう。

だれかオンラインアプリを作ってください

いかがでしたか?オンラインでプレイできるアプリの数が少なく、残念に思う方もいることでしょう。

実際に今回紹介したアプリにおいてもまだまだプレイ人口は少なく、オンラインのメンバーがそろうのに時間がかかる…というケースがほとんどです。

そのため、あまり力を入れてアプリが開発されていないのかもしれませんね。

この記事を通して少しでもインサイダーゲーム愛好家が増えることで、アプリが活性化し、新たな開発者が現れることを願うのみです。

ボドゲ/TRPG

Posted by かいとー