恋愛

Twitter恋愛ってアリ?交際に至るパターンと考え方

気軽につぶやきを発信したり、見たりできるTwitter。

友達と繋がったり、リアルタイムでニュースを見たり、勉強に使ったりと使い方は人それぞれです。

近年では、オンラインゲームのプレイヤー同士の交流に使われるケースもあります。

さて、このようなSNSと切っても切り離せないのが恋愛。

「Twitterで恋人が出来た!」という話を耳にすることがあるのでは無いでしょうか。

これって、皆さんはアリだと思いますか?

今回は、そんなTwitterでの恋愛に関して考えてみたいと思います。

▼Twitter恋愛から交際に至る2パターン

Twitterでの恋愛を経験している人に話を聞くと、恋人になった相手が現実で繋がる人か、あるいは全く顔を知らない、場合によっては本名も知らない人なのかで大きく2パターンに分けることが出来ます。

1,顔見知りとTwitterから恋愛に発展するパターン

1つは、現実でも何らかの繋がりがあるものの、Twitterでのやりとりがきっかけで恋愛に発展するケースです。

このパターンは、Twitterに限らず過去にはモバゲータウンや、mixiなどでもよく見られました。

直接の知り合いでなくとも、近隣に住んでいる、近くの学校に通っている、あるいは知り合いの知り合いとして実は繋がっているといった場合もあります。

主に行動範囲の狭い中高生や、大学生~社会人で地元を離れた場合などに多いですが、こちらは現実世界で恋愛をするのとあまり変わらないのではないでしょうか。

話す機会が少ない人と交流するツールとしてTwitterが便利だったというだけで、「インターネットで恋愛をした」とは少し違うような気もします。

よって、特に問題なく、ふつーにアリだと思います。

2,顔を知らない人を好きになるパターン

いわゆる「ネット恋愛」といえば、こちらを指すことが多いでしょう。

ネットで繋がった見ず知らずの人と交流を続けるうちに、恋愛に発展するパターンです。

お互いに顔や、本名を知らない関係ではありますが、かえってコミュニケーションが取りやすく、本心をさらけ出せることから、恋愛に至ることもままあるようです。

口では言えないことも、文章だったら送れちゃったりしますしね。

それに、Twitterで交流する機会がある人は、そもそも同じゲームをプレイしていたり、趣味趣向が近い場合がほとんどなので、共通の話題に困らないことも理由の一つでしょう。

これらは危険、ありえないなんて言われることもありますが、本質的にはこちらのほうが恋愛といえるかもしれません。

社会的な属性や見た目、年齢差にとらわれず、話していて楽しい、一緒にいたいと思う相手を好きになるわけですから、案外自然じゃないですか?

なんで、個人的には全然アリだと思ってます。

▼Twitterでの恋愛で気をつける3つのポイント

とはいえ、Twitterがきっかけの恋愛では、気をつけなければいけないこともあります。

おろそかにすると、関係が悪化したり、最悪短期で破局してしまうこともあるでしょう。

そうならないためも、以下の3つのポイントは特に注意する必要があります。

1,常にツイートを見られている

当然ですが、Twitterがきっかけなのですから、お互いのTwitterアカウントは把握しています。

なので、「恋人には常に監視されている」と考えておくのがベターです。

特に、

・今日は勉強と言っていたのに、他の人と遊んでいた
・LINEは全然返してくれないのに、Twitterでは何度も呟いている
・やたらめったらと異性とのTwitter上でのやりとりがおおい

こういったケースは、恋人の立場からしても「ムッ」となってしまうことが多いでしょう。

普段の付き合いだけでなく、Twitter上での振る舞いにも気を遣わなければいけません。

2,周囲に気を遣わせてしまう

お互いに共通の知り合いがいる場合は、Twitter上での交流で気を遣わせてしまうこともあるかもしれません。

例えば、Twitterで喧嘩でもしようものなら、共通のフォロワー全員に見えてしまいますしね。

そうなると、この人達ちょっと絡みにくいなー、と思われるかもしれません。

また、「監視されている」とも繋がりますが、友人知人の立場からしても、特に異性の場合、付き合っている当人達とは絡みにくくなってしまうでしょう。

Twitter上での行動には、ある程度制限がかかると思ったほうが良いかもしれませんね。

3,会うとイメージと違う可能性がある

非SNSユーザーが最も気にする点はここでしょう。

顔が知らない人と仲良くなり、実際に会うとなった場合、イメージと違う可能性は間違いなくあります。

正確には、「過剰な期待を抱いてしまう」ため、ずれが生じるという感じでしょうか。

恋愛関係というくらいですから、相手の写メ・自撮りくらいは見ているかもしれません。

しかしながら、ぶっちゃけ今の写メなんて全く信頼できないですしね。

プリクラはもともと加工がすごかったですが、現代はSNOWもありますし…。

「あの人はすごくイケメン!美女!」みたいな過剰な期待を持つと…それを上回ってくるのは非常に難しいと思います。

▼twitter恋愛はアリだと思う

注意点も色々ありますが、個人的にはTwitter恋愛はアリだと思っています。

「恋人は見た目で選びたい!」という人には流石に向いていませんが、話があう、やりとりをしていて楽しい、という人と仲良くなるには、Twitterはもってこいのツールです。

その延長として恋愛があるのなら、何も問題はないでしょう。

本来なら知り合うはずのなかった人と知り合えて、多くのチャンスを与えてくれます。

とはいえ、それが本業のツールでは無いですからね。

こじらせて、「恋愛厨、出会い厨」なんて言われるようなことはしてはいけませんよ。